阪急京都線「茨木市」駅からすぐの心療内科・精神科『みのりこころのクリニック』

認知症

対象となる主な疾患 認知症

認知症にはいくつかのタイプがあります。その中でおよそ半数はアルツハイマー型認知症と言われています。
次に多いのがレビー小体型認知症、そして血管性認知症と続きます。これらの3種類の認知症で全体の約85%を占めています。
残りの15%の認知症の中には、原因を取り除けば治る治るタイプの認知症があります。
(正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、栄養障害など)

症状

  • 物忘れ
    ・今切ったばかりの電話の相手をいえない
    ・同じことを何度も聞いたり、している
    ・探し物が増え、誰かに盗られたのではないかと疑う、怒る
  • 理解力・判断力の低下
    ・料理・運転のミスが多く、計算もできなくなった
    ・新しい事柄や、やり方を覚えられない
    ・つじつまの合わない話をする
    ・内容が理解できないため、テレビをあまり見なくなる
  • 時間・場所が分からなくなる
    ・いつも使っていた道にも迷ってしまう
    ・日時や場所を間違えて、約束を守れなくなる
  • 人柄の変化
    ・怒りっぽくなったり、頑固になったりする
    ・「様子が変わった」と周囲の人に言われる
  • 不安感の増大
    ・「おかしくなった気がする」と頻繁に訴える
    ・外出時の持ち物を何度も確認する
    ・一人でいることを寂しがり、嫌がるようになる
  • 意欲の低下
    ・入浴を億劫がり、身だしなみもかまわない
    ・趣味に興味を示さなくなった

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、記憶力や判断力の低下により日常生活にさまざまな問題が起きてくる病気です。
現在、失った記憶や機能を回復するようなアルツハイマー型認知症の薬はまだありません。アルツハイマー型認知の治療は症状の進行を遅らせたり、不安・妄想・不眠といった症状を抑えるためのお薬による治療が中心となります。
ご本人が快適に日常を送れること、ご家族や介護に関わる方の負担を軽くすることが薬物治療の目的となります。


レビー小体型認知症

レビー小体型認知症の特徴としては以下の3つが挙げられます。


●認知機能の変動

時間や場所、周囲の状況に対する認識や会話をした際の理解力に、悪き時と良い時で差がある症状です。


●幻視

夜間に人や子供が見えるといった訴えが聞かれます。誰かがいる気配を感じたり、家族が偽物だと思ったり、自分の家ではないと思ったりする妄想が出ることもあります。


●パーキンソン症状

体や表情が硬くなる、運動がぎこちない、手が震える、姿勢が前傾になる、小股で歩く、突進して止まれなくなるなど、いくつかの運動症状が出現する状態のことです。また立ちくらみや失神、便秘などの自律神経症状が起こることもあります。


また、ごく初期から「レム睡眠行動障害」という睡眠中の行動異常を起こす患者さんもおられます。
レム睡眠は睡眠の「段階」の1つで、人が夢を見るのは、多くはこのレム睡眠のときです。
レム睡眠行動障害がみられる患者さんでは、筋緊張の抑制が障害されるため夢を見ながら夢のなかの行動を実行します。


血管性認知症

脳梗塞や脳出血などによって発症する認知症です。
脳の場所や障害の程度によって、症状が異なり、できることとできないことが比較的はっきりとわかれていることが多いといわれます。
手足の麻痺などの神経症状が起きることもあります。

疾患一覧に戻る >>

お問い合わせはお電話で

072-665-5641

〒567-0829
大阪府茨木市双葉町9-20 コスモアネックスビル5階

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

★…9:00~14:00(第3土曜以外)
☆…14:30~19:00
・金曜午前診は女性のみとさせていただきます

休診日 月曜・火曜・土曜午後、木曜午後、第3土曜、日曜、祝日

阪急京都線「茨木市」駅より徒歩約1分


PAGETOP
Copyright © 2019 みのりこころのクリニック All Rights Reserved.