阪急京都線「茨木市」駅からすぐの心療内科・精神科『みのりこころのクリニック』

統合失調症

対象となる主な疾患 統合失調症

この疾患の経過には前兆期、急性期、消耗期(休息期)、回復期があります。
前兆期は眠れない、気分が落ち込む、周囲の反応に過敏になる、物音が気になる等の症状があります。しかし、誰にでもよくあるような症状であるため、患者さんもご家族さんも病気に気付きにくいようです。

急性期では幻覚(主には幻聴)、妄想といった陽性症状が顕著に現れてきます。幻聴や妄想の内容は様々ですが、「テレビから自分の悪口が聞こえる」「家族から毒を盛られている」など、自分にとって不快な内容が多いようです。これらの幻覚妄想に左右されて、怒りっぽくなったり(易怒性)、暴れたり興奮する(粗暴行為、精神運動興奮)状態になることもあります。また考えがまとまらない(滅裂思考)、思考が止まってしまう(思考途絶)といった思考障害も見られます。

休息期には陰性症状が目立ってきます。喜怒哀楽が欠ける(感情鈍麻)、意欲減退、思考力低下、対人関係が希薄になる(自閉的、引きこもりがち)といった症状です。
回復期では症状が徐々に治まり、無気力な状態から脱します。しかし、この時期には認知機能障害がみられることもあり、日常生活へ支障を与える場合があります。

統合失調症は100人に1人程度の割合で発症すると言われている疾患ですが、早期に薬剤での治療を開始すれば社会生活を問題なく営める疾患です。

しかし、やはり治療をやめてしまうと、再発を繰り返し徐々に社会機能が低下してしまう方が多くいらっしゃいます。近年の統合失調症治療薬は副作用が比較的少ないものが多く、また錠剤、液剤、注射等、剤型の選択肢が増えています。長期的に安心して治療に取り組んでいただけますよう、当院でもサポートをさせていただきます。

疾患一覧に戻る >>

お問い合わせはお電話で

072-665-5641

〒567-0829
大阪府茨木市双葉町9-20 コスモアネックスビル5階

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

★…9:00~14:00(第3土曜以外)
☆…14:30~19:00
・金曜午前診は女性のみとさせていただきます

休診日 月曜・火曜・土曜午後、木曜午後、第3土曜、日曜、祝日

阪急京都線「茨木市」駅より徒歩約1分


PAGETOP
Copyright © 2019 みのりこころのクリニック All Rights Reserved.